お知らせ

2017 / 07 / 17  02:12

【プライベート】アルバム整理は誰の為?

昨日は夕方から娘の幼稚園の夏祭りでした。

でも、私は朝から夕方まで仕事の用事があって、浴衣の着付けも一緒にまわってあげることもできず・・・。その代わり、事前準備として出来る事だけをしっかりやって、朝8時に、夕方の夏祭りに行くまでの間に絶対崩れないように、ヘアスタイルを完璧に仕上げ、家を出ました。

 

去年の年少の時の夏祭りも、役員をやっていた為、主催側の仕事があって、一緒にゲームや売店など回ることが出来なくて、寂しい思いをさせてしまったから、来年こそは!と思っていたのに・・・。

 

仕事が終わって、息子を託児所から引き取って、全身汗だくになりながら幼稚園に向かって、なんとかメインのお神輿や盆踊りのスタートには間に合うことができました。

 

待機して座っている娘を発見し、名前を呼ぶと、「間に合ったんだ!」と暑い中でぐったりしながらも喜んでくれました。

 

それから400人近い園児と保護者の中で、櫓を中心にお神輿を引っ張ったりしながらキョロキョロ。

でも必ず、親も子もお互いを見つけるんですよね!不思議です。

 

夏祭りは大好きな浴衣も着れて、仲のいいお友達とお店を回ってゲームも楽しんで、とっても楽しかったそうです。

 

そして一夜明けた今日、娘が聞いてきた一言。

 

 

娘 「ママの一番好きなことはなーに?」

 

私 「(娘)と(息子)と遊ぶことかな」

 

娘 「え~?ママが一番好きなことはアルバムを作ることでしょ!」

 

私 「違うよ。ママはアルバム作りが好きなんじゃないよ。大好きな(娘)と(息子)との大切な思い出をいつまでも忘れないように残しておきたいからアルバムを作っているのよ。」

 

 

 

私はアルバム整理を仕事にしていますが、それは自分が育児をしながら子供の成長をしっかりと残していきたいと思ったから。

それは本当は自分のためかもしれません。でもアルバムには子供達へのその時の思いとポジティブメッセージを残しています。

 

スクラップブッキングを知るまではブログやSNSで子供の成長を書いたり、写真をアップしていたのですが、それを見るのは家族以外の人。

友達や他人に一生懸命時間を割いて、アプリで写真を加工したり、出来事を綴ったりしていたけど、私が写真や思い出を残すべき、見てほしい人は家族だという事に気づきました。

 

家族がいつでも見れる形にしたい!そしてただファイリングしていくのではなく、その時の思い出をより鮮明に、成長の日記とともに残していきたいと思ったのが今のアルバムの形。

 

夜、寝る時に娘が、「私がアルバムを作るのは私の事が大好きだからなんでしょ!」と言ってきました。

 

誤解が解けて良かったです(*^^)v